CS60とは、創業者の西村光久氏が開発したヒーリングデバイス。

Cell Smooth 60trillion(60兆個の細胞を滑らかにする)

頭文字を取って、CS60といいます。
施術直後より「体が軽くなる」(施術を受けた方の感想です)ことを始め、
さまざまな体にとって嬉しい変化を実感して頂いています。


あなたにどんな効果が表れるかは、施術を受けてからのお楽しみです。
身体に何かお悩みがある方は、もちろん。
疲れが溜まっているなぁとお感じの方、
体調を整えたいとお考えの方は、ぜひ一度お試しください。

西村 光久氏 (Mitsuhisa Nishimura)

967年、20歳のときに西村工業を設立し、1999年、51歳までの
32年間にわたり建築業界に従事。
1999年、51歳までの32年間にわたり建築業界に従事。

長らく工期の大幅短縮のための工法や劣悪な労働環境の改善に
尽力し、1990年に建築業界初となる亜鉛メッキ鋼管溶接
ロボットと鋼管切断ロボット(共に特許取得)を開発。

1991年にもジャッキアップ工法やユニット工法など大規模工事の
大幅工期短縮を実現。
(特許11項目)
これらの実績により1997年建築業界で初の産業整備基盤より表彰。

1998年NHKクローズアップ現代にて取り上げられる。
建築業界で活躍中、環境問題を何とかしたいとの思いが高まり、
1993年より環境問題の改善を目的とした日本イノベーションを設立。

バイオ式生ゴミ処理機、無洗剤洗濯機の開発、アトピー用の洗浄剤、
保湿液、クレンジング、シャンプーの開発、土壌改良剤の開発など
幅広い活動を行い、1999年にはそれまで以上に環境問題に取り組む
べく建築業界から離れ、日本イノベーションの事業に専念。

2009年にアトピー問題を解決するための商品開発時にCS60の基礎が
でき開発後、2010年ごろからCS60を使った施術を繰り返し、効果を
検証し、 製品化するプロセスを踏んできました
(「2017版 日本が誇るビジネス大賞」の書籍 194頁~195頁を
ご参照ください)。

2011年にCS60(以前は「痛快楽」の名称を使用)を意匠出願し、
東京赤坂にて施術を開始。

拠点は、新井薬師などを経て、2018年より現在の青山に本部を置き
事業を展開中。